特定非営利活動法人 元気な日本をつくる会

ヘッダーバー
元気な日本をつくる会 公式サイト > ブログTOP > 【地域振興】新潟県妙高市 > 2011/6/2 首都圏妙高生命地域フォーラム@新潟県妙高市

「首都圏妙高生命地域フォーラム」に元気な日本をつくる会として参加いたしました。

開催地:新潟県 妙高市 赤倉
主催:首都圏妙高交流協会・板橋妙高交流協会・妙高旅館若手経営協会
後援:妙高市・妙高観光協会
東京都板橋区と新潟県妙高市は、関係が深い交流都市であります。
板橋区に本社をおく株式会社リブランの鈴木会長様を中心として、板橋区議会議員の先生にもご参加頂き、各種民間企業や公的活動を行っている人達にて構成したフォーラムでした。
元気な日本をつくる会としましても、妙高市様とはお付き合いを頂いておりますので、更なる展開にお力添えできるように、参加させて頂きました。
妙高市側参加者に旅館経営者が多い事から、経営についての思想や手法を論議する場面もありました。
行政側としては農産物や特産物をなんとか広める為の推進をしていますが、今回参加の旅館経営者たちは、農産物の拡販施策を検討するのもいいが、もっと観光客を呼び込むなどの具体的な施策を推進してもらわないと困る。という
妙高1
元気な日本をつくる会須田が、課題解決手法・講和をしている様子
妙高市 観光商工課・企画政策課の方々
妙高市赤倉温泉の若手経営者の方々
東京からは、各事業経営者の他、フードコーディネーターや板橋区議会議員の方も参加され、活発な意見交換がなされていました。
■民間側講和者
 ふるや旅館  中嶋社長 様
 株式会社リブラン 鈴木会長様
 株式会社 松富士 竹田社長様
 元気な日本をつくる会 須田
 オフィスRan  福本 代表様
妙高2
 30億円かけたスキージャンプ台。
妙高3
  山の向こうに見えるのが燕温泉。
  上には、滝がみえます。
  まさに大自然の中にある旅館です。
妙高4
妙高には 「温泉ソムリエ」 がいます。
7つの温泉地
  ・赤倉温泉
  ・新赤倉温泉
  ・池の平温泉
  ・妙高温泉
  ・杉野沢温泉
  ・燕温泉
  ・関温泉
5つの泉質と3つの湯色が楽しめる。
「温泉の七五三」  近場でいろいろな温泉が楽しめます。
写真は足湯。もともと温泉が出ている部分でしたが、「足湯」としただけで来訪者が増えました。
妙高5
自然の生きる力・伸びる力をもった山菜が自慢のおもてなし。
山菜を取る人の気持ち、料理する人の気持ち、テーブルに出す人の気持ち、を考えて、
料理を頂く事がどれだけ大事かを気づかされました。
  赤倉温泉 お宿 ふるや様
食事後にはみんなで妙高市の歌 (めぐる季節は)を熱唱。
※妙高市のホームページに歌詞がでてました