特定非営利活動法人 元気な日本をつくる会

ヘッダーバー
元気な日本をつくる会 公式サイト > ブログTOP > 【地域振興】宮城県村田町 > 【宮城県村田町】勉強会-村田町地方創生推進本部会議

第2回 村田町地方創生推進本部会議にて、「地方版総合戦略の考え方と今後のあるべき推進方法について」というテーマでお話しさせて頂く機会を頂戴しました。
全国の自治体は、「地方版総合戦略」を立案するのに大変、ご苦労されていると思います。
今までの補助金とは違い、自らが地域特性を分析し、特性を活かした活性化施策を考え、実行する事になります。今までの単年度政策ではなく5ヶ年計画。そして重要業績評価指標(KPI)も設定しなくてはいけません。

IMG_8905-1

 

庁内の全セクションに関係する内容でありますので、どのように企画を立案するか、また、どのように取りまとめるかも、難しい所であります。
村田町では、昨年より独自の施策として、「むらた定住促進・少子化対策プラン(仮称)」の企画立案に取り組まれていた事もあり、その時に調査分析したデータや必要とされる取り組みについて、かなりの整理がされていたこともあり、今回の地方創生については、より具体的に施策を検討できると思われます。
これからも微力ながら支援させて頂きたいと思います。

 

会議終了後は、地元の団体の方々との意見交換会を開催させて頂きました。

IMG_8909-1

 

地域内でご活躍されている各団体の方々にお集まりいただき、相互連携や地域の課題について意見交換をする場とさせて頂きました。

村田町の地域資源としては、数多くの物があります。

道の駅、伝統的建造物群保存地区に選定された蔵の町並み、スポーツランド菅生、各種のイベントや文化を運営している方、商工会青年部と婦人部の活動、NPO団体、特産物(そらまめ、とうもろこしの味来他)を生産している方等、この地域を創っている民間のサミット会議のような集まりとなりました。

今後は、お互いの施策紹介や支援・アイデア要請も含め、横のつながりを創っていきたいと考えております。

民間が横のつながりを広めていきますので、役所も縦割り組織ではなく、横串をとおすようなプロジェクトチームを形成して頂ければ、お互いにストレスなく、地域づくりに邁進できるのではないかと考えております。

引き続き宜しくお願い申し上げます。